人工炭酸泉ドットコムスタッフからの新着情報やイベント情報です。

スタッフブログ

炭酸泉の歴史③

2011年08月12日 [ 炭酸泉について ]

炭酸ガスを含んだ水を人工的に作る研究は1980年頃から行われてきたそうです。

 

その一つの成果が現在もヒットしている炭酸ガス系入浴剤です。

 

38°程度の真水よりは確実に温まり保温効果は高いです。しかし、炭酸ガスの効果が得られるための最低濃度が400ppmに対して入浴剤では100ppmにすぎません。

 

ドイツの天然炭酸泉では1000ppmにも及ぶ炭酸ガス濃度で、療養が行われているそうです。

 

このようなことから、1000ppmの炭酸泉を自由に確保する為の研究が進み、1997年に初めて人工炭酸泉装置が誕生しました。

 

 

つづきは炭酸泉の歴史④にてご紹介します!

 


無料相談・お問い合わせは 0120-221-218
  • お問い合わせメールフォーム
  • 資料請求はこちら